特定非営利活動法人 杉原千畝命のビザ

活動の予定・お知らせ

2015年の活動報告

映画「杉原千畝」特別番組(12/29)のお知らせ

映画「杉原千畝」パンフレット
映画「杉原千畝」パンフレット
映画リーフレット
映画「杉原千畝」リーフレット

「杉原千畝」大ヒット御礼!
〜この冬の超大作!日テレムービースペシャル!〜

日時:2015年12月29日(火)午前6時〜7時
日本テレビ(NTV)にて放送 ※各ネット局で放送日時が変わります

内容:映画「杉原千畝」公開にあたり、映画のご紹介、撮影の様子、そして、杉原千畝さんについて幼少〜晩年を見つめ、その人物像を紹介します。
(「杉原千畝」の他、「人生の約束」「さらばあぶない刑事」など、この冬注目の日テレムービーのご紹介もあります。)
みなさんぜひご覧ください。

関連サイト:http://www.sugihara-chiune.jp/news.html
日本テレビサイト:http://www.ntv.co.jp/program/detail/21846430.html



明日(12月14日)のNHKラジオ放送出演のお知らせ

明日(12月14日)のNHKラジオ放送のお知らせ
〜「語りの劇場グッとライフ」に杉原美智氏が出演します〜

いろいろなジャンルの人たちの人生を、タレントで俳優の山田雅人さんが、自ら取材・構成して話す独自の話芸「かたりでお伝えする」NHKラジオ第1のトーク番組
「語りの劇場 グッとライフ」。
今回は「年末リクエストスペシャル」第一弾として、これまでに多くの反響をいただいた、外交官・杉原千畝の生涯をお伝えします。
番組では昨年6月に杉原千畝を取り上げました。

ゲストは当NPOの杉原美智氏、進行はフリーキャスターの唐橋ユミさん。
放送日:明日12月14日(月)午後9時5分〜9時55分
出演者:司会:山田雅夫(芸人・俳優)、唐橋ユミ(キャスター)
放送局:NHKラジオ第1(ラジオはパソコンでも聴けます)
皆様ぜひ、お聴きください!

番組サイトはこちら>>http://www4.nhk.or.jp/gutto/

らじる★らじる(NHKネットラジオ/パソコン版)
http://www3.nhk.or.jp/netradio/
らじる★らじる(スマートフォンアプリ)
http://www3.nhk.or.jp/netradio/app.html



映画公開記念「杉原千畝の足跡をたどるリレー講演&試写会」ご報告
〜「杉原千畝の軌跡と神戸に逃れたユダヤ難民」〜

11月19日(木)にOSシネマズ神戸ハーバーランドで当NPOの杉原美智氏と大阪美術館建設準備室研究主幹の菅谷富夫氏がパネルディスカッションに登壇しました。
神戸は敦賀を経由した杉原サバイバーが神戸ホーリネス教会の支援で過ごした地です。
美智氏は神戸でのサバイバーの足跡を紹介。菅谷氏は神戸でのサバイバーの写真を紹介しました。
神戸はサバイバーの方たちにとっては思い出深い土地です。敦賀から神戸へ、横浜からアメリカ・カナダ・オーストラリア・上海とサバイバーは第三国へ出国しました。
写真は神戸の試写会での講演の様子です。
映画はまだまだ絶賛公開中です。
関連サイト:http://www.sugihara-chiune.jp/news.html

OSシネマズ神戸ハーバーランド試写会での講演会 
OSシネマズ神戸ハーバーランド試写会での講演会

映画公開記念「杉原千畝の足跡をたどるリレー講演&試写会」が新聞(読売新聞、中日新聞・東京新聞)に掲載されました。
掲載内容の詳細はこちらです。≫≫
読売新聞掲載
読売新聞掲載
中日新聞・東京新聞掲載
中日新聞・東京新聞掲載


2015年12月5日 映画「杉原千畝」公開

12月5日(土)に映画「杉原千畝」が、ついに公開されました。
東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇にて行った舞台挨拶では、主演の唐沢寿明さん、共演の小雪さん、小日向文世さん、塚本高史さん、チェリン・グラック監督に加え、実際に杉原千畝のヴィザで命を救われたユダヤ人女性のシルビア・スモーラーさんも来場いたしました。映画終演後、関係者による集まりがあり、当NPOも参加いたしました。
主演の唐沢寿明さん、サバイバーのシルビー・スモーラー博士と杉原家の写真を期間限定で掲載いたします。
映画はまだまだ来年1月まで絶賛公開中です。
関連サイト:http://www.sugihara-chiune.jp/news.html



本日12月5日 映画「杉原千畝」ついに公開です!

本日12月5日(土) 映画「杉原千畝」いよいよ公開です!
新聞・テレビでたくさん宣伝していますが、みなさま!お待ちかねの映画がいよいよ公開となります。
主演の唐沢寿明さんと小雪さんの「杉原千畝」をどうぞご覧ください。
明日から全国東宝系劇場にて公開です!
http://www.sugihara-chiune.jp/

映画リーフレット  映画リーフレット
映画リーフレット


講演会のお知らせ|大阪「朝日カルチャーセンター中之島教室」で講演会を開催

講演会ポスター
講演会ポスター

12月19日(土)に、大阪・朝日カルチャーセンター中之島教室で、「杉原千畝と命のビザ」をテーマに杉原美智氏による講演会が下記要領にて開催されます。
講演会では、ビザ発給に至るまでの経緯や背景、帰国後と晩年の千畝氏についてのエピソードなどを、写真を交えながら話します。
講演会ご参加希望の方は朝日カルチャーセンター中之島教室までお問い合わせをお願いいたします。
 
■講演会 テーマ「杉原千畝と命のビザ」
講師:杉原美智(NPO法人杉原千畝命のビザ 理事、千畝氏ご長男夫人)
日時:12月19日(土)14:00〜15:30
場所:アサコムホール(中之島フェスティバルタワー12階)
受講料:一般3,564円
主催:朝日カルチャーセンター
お問い合わせ・お申し込み:朝日カルチャーセンター中之島教室 TEL 06-6222-5222
詳細はこちらhttps://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/a95c852b-f646-fec2-4580-55d574bff0b7



映画「杉原千畝」TV特番のお知らせ

映画「杉原千畝」特番情報をお届けします。

「東京暇人」と「NEWSゼロ」でオンエア決定です!
日本テレビ系ローカル情報も含めてお知らせいたしますので、下記表の放送リストをご確認ください。

日本テレビでは下記の通りとなります。
日時:11月27日(金) 26:35〜27:20
番組:東京暇人「杉原千畝」公開記念 映画と歴史、感動作を徹底解剖SP
日時:12月5日(土)10:30〜11:20
番組:NEWSゼロ ZEROカルチャースピンオフ
みなさんどうぞご覧ください!

東京暇人|「杉原千畝」公開記念 映画と歴史、感動作を徹底解剖SP
NTVでのOA 11月27日(金) 26:35〜27:20
局 名 放送日時
開始日 開始時間 終了時間
 STV 札幌テレビ  2015/12/1(火)  26:34  27:04
 TVI テレビ岩手  2015/12/5(土)  12:55  13:25
 YBC 山形放送  2015/12/4(金)  10:55  11:25
 TSB テレビ信州  2015/12/4(金)  25:45  26:15
 SDT 静岡第一テレビ  2015/12/4(金)  25:43  26:13
 CTV 中京テレビ  2015/12/1(火)  26:42  27:12
 KTK テレビ金沢  2015/12/4(金)  26:45  27:15
 YTV 読売テレビ  2015/12/1(火)  27:19  27:49
 NKT 日本海テレビ  2015/12/2(水)  26:05  26:35
 HTV 広島テレビ  2015/11/28(土)  26:05  26:35
 KRY 山口放送  2015/12/11(金)  26:40  27:10
 RNC 西日本放送  2015/12/6(日)  26:40  27:10
 RNB 南海放送  2015/12/6(日)  16:55  17:25
 NIB 長崎国際テレビ  2015/12/5(土)  13:00  13:30
 KKT 熊本県民テレビ  2015/12/5(土)  16:00  16:30
 KYT 鹿児島読売テレビ  2015/12/4(金)  10:30  11:00
 ABS 秋田放送  2015/11/28(土)  13:55  14:25
 YBS 山梨放送  2015/11/28(土)  14:30  15:00
 FBC 福井放送  2015/12/4(金)  16:25  16:55
 JRT 四国放送  2015/12/3(木)  10:55  11:25
 UMK テレビ宮崎  2015/12/4(金)  26:07  26:37
 OTV 沖縄テレビ  2015/12/12(土)  25:10  25:40


NEWSゼロ ZEROカルチャースピンオフ|映画「杉原千畝 スギハラチウネ」公開記念SP
NTVでのOA 12月5日(土)10:30〜11:20
局 名 放送日時
開始日 開始時間 終了時間
 RAB 青森放送  2015/12/22(火)  25:14  26:04
 MMT ミヤギテレビ  2015/12/5(土)  10:30  11:20
 FCT 福島中央テレビ  2015/12/7(月)  25:09  26:04
 CTV 中京テレビ  2015/12/5(土)  26:09  26:59
 YTV 読売テレビ  2015/12/13(日)  27:17  28:17
 FBS 福岡放送  2015/12/12(土)  26:45  27:35
 KYT 鹿児島読売テレビ  2015/12/10(木)  10:30  11:20
 KNB 北日本放送  2015/12/14(月)  25:39  26:29


「命のビザ」杉原千畝たたえる=親族招き記念会合-ロシア大使館

ロシア大使館にて
ロシア大使館にて

日時:2015年11月13日
場所:在東京ロシア大使館

第2次大戦中のリトアニアで、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人にビザを発給し、数千人の命を救った日本人外交官の故杉原千畝をたたえようと、東京都内のロシア大使館で13日、杉原の親族を招いた会合が開かれた。
 会合にはアファナシエフ駐日大使らが参加。旧ソ連でのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の研究者で、来日したロシア国立人文大のイリヤ・アルトマン教授から親族に対し、モスクワに設置される記念プレートのレプリカが贈られた。
 杉原の孫の杉原千弘さんは「ロシアは祖父が長く生活していた場所で、祖父はロシアを非常に愛していた。ロシアから感謝されるのは名誉なことだ」と謝意を表明。「(日ロ)両国の関係が発展するよう親族としても協力したい」と語った。
 また孫のまどかさんは「祖父によって命を救われたという人たちの子孫と私たちは未だに交流を持っています。これは豪州、カナダに渡った家族で豪州には私の息子も訪れ、この方たちのご家庭に泊めていただき、とても温かいおもてなしを受けました。」とアファナシエフ駐日ロシア大使からの質問に答えた。

リンク先:http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015111300837&g=soc



杉原千畝|ユネスコ世界記憶遺産登録申請報告会
「命のビザ」発給の真実に迫る
〜獨協大学教授陣による翻訳で明らかになったこと〜

ユネスコ世界記憶遺産登録申請報告会リーフレット表面
リーフレット表面
ユネスコ世界記憶遺産登録申請報告会リーフレット表面
リーフレット裏面
≪リーフレットPDFファイル≫

―リトアニア国在カウナス領事代理であった杉原千畝は、1940年に戦争難民のために日本通過ビザを大量発給し、多くの命を救った。杉原の出身地であり「杉原千畝記念館」がある岐阜県八百津町は、戦後70年を迎えた今年、その勇気ある行動と功績を後世に伝えるため、この記録をユネスコの世界記憶遺産に登録することを目的に、「杉原リストー1940年 杉原千畝が避難民救済のため人道主義・博愛精神に基づき大量発給した日本通過ビザの記録」を日本ユネスコ国内委員会に申請した。その結果、9月24日に2017年の登録を目指す世界記憶遺産の国内候補に選定された。―

今回の申請にあたり重要な役割を果たした獨協大学がビザ発給を受けたパスポートの翻訳・解説作業を同大学外国部学部教授5人が担当したことで同大学での報告会を開催いたします。
報告会では3人の講演者としてNPOより杉原美智氏が参加、また関連資料のパネル展示も同時開催いたします。皆様どうぞご参加ください。

日時:2015年11月21日(土)13時30分〜15時30分(13時受付開始)
場所:獨協大学天野貞祐記念館大講堂(入場無料)
講演者:杉原美智氏(NPO法人杉原千畝命のビザ理事)
    白石仁章氏(外務省外交史料館)
    國枝大索氏(八百津町杉原千畝記念館館長)
主催:岐阜県加茂郡八百津町
協力:獨協大学
   一般社団法人杉原千畝命のビザ普及支援機構
お問い合せ:獨協大学総合企画課 TEL:048-946-1635
http://www.dokkyo.ac.jp/



終戦70周年記念映画|映画「陽光桜」のお知らせ

映画「陽光桜」ポスター
映画「陽光桜」ポスター

2015年11月21日(土)より丸の内TOEI他全国ロードショー

桜に秘められた、深い哀しみの実話。
終戦から70年―知られざる偉人・高岡正明の物語が、いま甦る。

ストーリー:1974年、愛媛県川内町の山間部にある高岡家は、一風変わった主人・高岡正明(笹野高史)と妻・艶子(風祭ゆき)、そして農業高校を卒業して実業の造園や農業をきりまわす長男・正堂(的場浩司)の3人家族。正明は商売を息子に任せっきりで、ひたすら自分の趣味の桜づくりに没頭する日々を続けていた。ある日、たまりかねた正堂は父・正明を問い詰めるー「親父!このままじゃウチは破産やけん!なんで、わざわざ山を無駄に使って、カネにもならない桜を作る必要があるんじゃ!」寂しげに沈黙した正明は、静かに戦前の物語を息子に語り始めた・・・
リトアニアのネリス川のそばに早稲田大学が建立した千畝の顕彰碑があります。それに続くように並木道に「陽光桜」が植えられています。14年前、「陽光桜」は千畝の夫人杉原幸子と有志たちによって植えられました。映画はその桜と高岡正明さん、それを支える家族のヒューマンドラマです。映画の中で千畝も少し登場します。大変感動する話ですので映画館にぜひ足をお運びください。
http://www.movie-yoko.com/



講演会のお知らせ|ホロコーストの歴史とロシアにおけるホロコーストの記憶継承

講演会リーフレット
講演会リーフレット

テーマ:ホロコーストの歴史とロシアにおけるホロコーストの記憶継承
〜旧ソ連地域におけるホロコースト研究と、「正義の人」杉原千畝の位置づけ〜

ロシアから来日されたアルトマン教授によるホロコーストと杉原千畝に関する講演があります。貴重な機会ですのでご関心のある方はぜひご参加ください。

講演者:イリヤ・アルトマン教授(ロシア国立人文大学教授・ロシアホロコースト研究教育センター共同議長)
日時:11月13日(金) 18:00〜19:30
場所:国士舘大学 世田谷キャンパス メイプルセンチュリーホール5階第一会議室
お問い合わせ:国士館大学 アジア・日本研究センター TEL:042-736-1070



杉原千畝戦後70年記念企画展のお知らせ
杉原千畝と命のビザ〜戦後過ごしたゆかりの地にて〜

杉原千畝戦後70年記念企画展ポスター
杉原千畝戦後70年記念企画展ポスター

この度千畝ゆかりの地、沼津市にて戦後70年記念企画展ならびに講演会を開催いたします。
1945年第二次世界大戦終結後、杉原一家は1947年に日本に帰国します。
同年、一家は妻幸子の実家、静岡県沼津市に一時期滞在致しました。
写真パネル展ではビザ発給に関する資料、家族の写真、千畝愛用の品も展示いたします。
講演会では家族でしか語られない思い出も含めビザ発給についての話を致します。
写真展・講演会にどうぞご参加くださるようお願い申し上げます。(入場無料)

■写真パネル展 「杉原千畝と命のビザ」
日時:2015年11月11日(水)〜15日(日)
   10:00〜17:30(入場17時まで)
場所:プラザ ヴェルデ市民ギャラリー(静岡県沼津市)≪会場ウェブサイト≫

■講演会 テーマ「杉原千畝と命のビザ」
講師:杉原美智(千畝氏ご長男夫人)
日時:2015日11月15日(日)
   14時〜15時半(開場13時)
場所:プラザ ヴェルデコンベンションホールA(静岡県沼津市)≪会場ウェブサイト≫

主催:2015杉原千畝企画実行委員会
共催:特定非営利活動法人 杉原千畝命のビザ
後援:沼津市・早稲田大学校友会静岡県支部 沼津稲門会
お問い合わせ:055-967-5502(菊池)



TV放送情報

2015年10月28日(水)23時〜
TV東京「ワールドサテライトビジネス」
番組内で敦賀ムゼウムが紹介されます。
ムゼウム入口の千畝の写真等も映像にて紹介されます。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/


映画「杉原千畝」の舞台リトアニア・カウナスでワールドプレミア

2015年12月5日公開の映画「杉原千畝」プレミア上映(リトアニア・カウナスのロムヴァ劇場)

2015年12月5日公開の映画「杉原千畝」プレミア上映(リトアニア・カウナスのロムヴァ劇場)
映画「杉原千畝」プレミア上映
リトアニア・カウナスのロムヴァ劇場

日時:2015年10月14日(水)
場所:リトアニア・カウナス
内容:映画「杉原千畝」(12月5日公開)のプレミア上映がリトアニア・カウナスのロムヴァ劇場で行われました。当日は450席に立ち見を含む約500人であふれ返り、入場できない人も200人ほどに上りました。地元市民や大学生、ユダヤ関係者のほか、リトアニアの経済副大臣、重枝豊英駐リトアニア大使が来場され、NPOからは杉原美智氏・まどか氏も参加しました。
ロムヴァ映画館は1939年に、千畝がカウナスに赴任した時に完成した偶然もあり、今回の上映場所となりました。
唐沢さんは「日本人として改めて千畝さんを誇りに思います。こんなにも温かく迎えてくださって、僕らも同じ気持ちで世界に向き合っていきたい。これからも日本をよろしくお願いします。」と目を潤ませました。小雪さんは終戦70周年を迎え、自分に与えられた役目と感じました。世界中の人が差別や戦争を考えるきっかけになったら」と語りました。
会場は終始温かい雰囲気で上映終了後スタンディングオベーションとなり、感動に包まれました。



勇気の証言-ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択(2015.10.8〜13開催)

勇気の証言-ホロコースト展
アンネ・フランクと杉原千畝の選択 ポスター
勇気の証言-ホロコースト展 ポスター


THE HOLOCAUST
勇気の証言-ホロコースト展
アンネ・フランクと杉原千畝の選択

このたび、第2次世界大戦終結から70年を迎え、「勇気の証言-ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」を開催いたします。
本展では、ナチス・ドイツによるホロコースト(大量虐殺)の歴史をたどるとともに、その時代を生きた、「アンネの日記」の著書アンネ・フランクと、「命のビザ」で多くのユダヤ人を救った日本人外交官、杉原千畝の人生に光を当てています。
 ホロコーストは、人類が20世紀に経験した最も悲惨な歴史の一つです。一方で、世界各地における民族対立、紛争、テロ、さらにヘイトスピーチ等に象徴される、人間が人間を差別し虐げる行為は、今なお続いています。その意味で、ホロコーストの歴史と、その時代を生きた人びとの真実に迫ることは、あらゆる戦争や差別の根源を見出すことに繋がるのではないでしょうか。本展が平和と人権を考えるための一助になれば幸いです。

「勇気の証言―ホロコースト展アンネ・フランクと杉原千畝の選択」実行委員会


日程:2015年10月8日(木)〜13日(火)
時間:10月8日13:00-21:00
   10月9日〜13日10:00-21:00
   最終受付時間20:30(全日程)
場所:東京芸術劇場5階ギャラリー1&2<池袋>
主催:「勇気の証言―ホロコースト展アンネ・フランクと杉原千畝の選択」実行委員会
共催:創価大学、サイモン・ウィーゼンタール・センター(米国)
後援:フランス大使館、ドイツ連邦共和国大使館、イスラエル大使館、リトアニア共和国大使館、オランダ王国大使館、ポーランド大使館、アメリカ大使館、駐日欧州連合代表部、外務省、文部科学省、東京都教育委員会、国連広報センター、NPO 杉原千畝命のビザ
協力:創価学会平和委員会

詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。:
https://www.soka.ac.jp/campuslife/holocaust/



杉原千畝関係の記録がユネスコ記憶遺産の国内候補に決定(2015年9月24日)

インタビューに答える杉原まどか副理事(左)、杉原美智理事(右)(写真提供 東京新聞)
インタビューに答える
杉原まどか副理事(左)、杉原美智理事(右)

国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の国内候補として、文部科学省は9月24日、「命のビザ」の外交官・故杉原千畝氏(1900〜86年)の資料「杉原リスト」(申請者・岐阜県八百津町)など2件を選定し発表した。

「杉原リスト‐1940年、杉原千畝が避難民救済のため人道主義・博愛精神に基づき大量発給した日本通過ビザ発給の記録」は、外務省が所蔵する2139人分の査証発給リストや外務省とのやり取りを示す公電、同町が所有する自筆のビザの記録があるパスポートのほか、自筆の手記など。世界史的に見ても人道上、意義ある行為で、記録資料の多様性や公開性が評価された。
決定を受け、八百津町の赤塚新吾町長は「(杉原リストが)国内候補に選ばれ、大変ありがたい。杉原千畝が体現した命の大切さと世界平和を発信できるよう、登録を目指したい」と語った。
また当NPOの副理事長の杉原まどか氏は「祖父が一人の人間として人道的見地に立ち決断したビザ発給がユダヤ人の方々から今も『暗い時代に差した一筋の光』と感謝されています。発給から75年たって、あらためて評価されることを誇りに思う」と語った。
今後の日程は所在地の自治体などが来年3月、それぞれの登録をユネスコに申請する。
2017年夏ごろに開かれるユネスコ国際諮問委員会で登録の可否が審査される。
 世界記憶遺産は、ユネスコが、世界的に記憶されるべき歴史的に重要な文書などを登録しているもので、「アンネの日記」など301件が登録されている。
 
関連記事:http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015092402000242.html



アンネ・フランク展「希望の未来」
「杉原千畝展」同時開催

アンネ・フランク展「希望の未来」
「杉原千畝展」同時開催
リーフレット

日時:2015年9月13日(日)〜9月20日(日)
開催時間:【一般公開】入場無料
     9月13日(日)・20日(日)9時30分〜16時30分
     9月14日(月)〜16日(水) 9時30分〜17時30分
場所:京都聖母学院中学校・高等学校 北館2階 図書館
主催 :ホロコースト記念館
内容:戦後70年という節目の年。ホロコースト記念館主催のアンネ・フランク「希望の未来展」を同学院で開催いたします。またNPO杉原千畝命のビザより「杉原千畝展」を同時開催いたします。
この企画展を通じてより多くの方に平和について考える機会としていただきたいと思います。たくさんのご来場お待ちしております。
お問い合わせ:京都聖母学院中学校・高等学校 TEL(075)645-8103(代表)

京都聖母学院ホームページ
イベント紹介ページ:http://www.seibo.ed.jp/kyoto-hs/news/index.php?c=news_view&pk=1440662496



「命のビザ」プレートの設置

日時:2015年9月4日
場所:リトアニア カウナス
内容:第2次世界大戦中のリトアニアで、ドイツの迫害から逃れてきた約6000人のユダヤ人にビザを発給して命を救った外交官・杉原千畝(1900〜86年)を顕彰する記念プレートが、ゆかりの地カウナスに設置され、4日、除幕式が行われました。
駐リトアニア副領事だった杉原は1940年7月から独断でユダヤ難民の日本通過査証計2139通を発給しました。プレートは75周年の節目に合わせ、市民らの協力で市内2か所に設置されました。領事館閉鎖後の1940年8〜9月に杉原が滞在して発給を続けた「ホテル・メトロポリス」と、列車でカウナスを後にした同駅に掲げられ、杉原の顔とともに、「出発直前まで『命のビザ』を発給し続けた」などとリトアニア語、日本語、英語で刻まれています。
記念プレートはガルバラビチュウス・杉原「命の外交官」財団理事長が、リトアニアの彫刻家に依頼したものです。
除幕式は在リトアニア日本国大使館ご協力のもと行われました。

YOMIURI ONLINE紹介記事
掲載ページ:http://www.yomiuri.co.jp/world/20150904-OYT1T50183.html



戦後70年記念事業
人道の外交官「杉原千畝」と命のビザを繋いだ日本人たち展

今年は先の大戦から70年、そして元外交官杉原千畝が多くのユダヤ難民に日本通過ビザを発給して75年の節目を迎えます。
そのユダヤ難民たちは日本に上陸後、神戸や横浜などから希望の地を目指して旅立っていきました。杉原千畝が人道という扉を開き、「命のバトン」を託した時、それを受け継いだ人たちがいました。
今回の展示では、そのバトンを繋いでいった人たち中からウラジオストク総領事代理の根井三郎、日本でユダヤ難民のためにビザの滞在延長やトラブルの解決に奔走した神学者であり、ユダヤ教の研究者小辻節三博士を取り上げます。
今回の展示を通して、彼らが取った行動の意義について検証し、次の世代の人たちにどう伝え、繋げていくかを考えます。

-企画展 戦後70年記念事業-
人道の外交官「杉原千畝」と命のビザを繋いだ日本人たち展

日時:2015年9月3日(木)〜8日(火) 午前9時〜午後8時(最終日は午後5時まで)
場所:福岡アジア美術館 8階交流ギャラリー(福岡市博多区下川端町3-1リバレインセンタービルTEL: 092-263-1100)
主催:杉原千畝展開催実行委員会 西日本新聞社
入場料:1,200円(前売券1,000円) ※高校生以下は無料(学生証の提示要)

「特別講演会」
■講演:9月5日(土)10:30〜12:00(開場10:00)
    演題「インテリジェンス・オフィサー杉原千畝」
    外交ジャーナリスト・手嶋龍一氏
■トークショー:9月6日(日)14:00〜15:30(開場13:00)
演題「命のビザを繋いだ男 小辻節三」

入場料:各々1,200円(前売券1,000円) (※未就学児の入場はご遠慮ください)
会 場:福岡明治安田生命ホール8階 (福岡市博多区中洲5-6-20)



BS-TBSで杉原千畝が再々放映されます

BS-TBSの人気番組、「THE歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜」で杉原千畝が再々放映されます。番組では、第二次世界大戦中、押し寄せるユダヤ難民たちに日本通過ビザを発給し、約6千人もの命を救った外交官・杉原千畝。インテリジェンスオフィサーとして活躍した杉原千畝の苦悩の人生に迫ります。 見逃された方、もう一度観たい方は是非ご覧ください。

番組名   THE歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜
放送予定日 2015年8月8日(土)14:00〜15:00
出演者   案内人は、六平直政(むさか・なおまさ)さん
ゲスト   外交ジャーナリスト 手嶋龍一氏

「THE歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜」のHPはこちら
http://www.bs-tbs.co.jp/retsuden/
「過去の放送一覧」からご覧ください

オペラ 「杉原千畝・人道の桜」公演のお知らせ

オペラ 「杉原千畝・人道の桜」公演ポスター
ポスター

「命のビザ」発給から75年の今年、創作オペラ「杉原千畝・人道の桜」が杉原千畝の母校・早稲田大学の大熊講堂で上演されます。命のビザが発給されたリトアニアでの公演を受けて、今回早稲田大学での凱旋帰国公演が実現しました。多くの皆様に鑑賞していただきたいと思います。
【日時】2015年7月26日(日)午後4時開演 (午後3時開場)
【会場】 早稲田大学・大隈講堂
【主催】杉原千畝研究会
    ※入場無料(先着1000名)

お問い合わせ:杉原千畝研究会(大正出版) ℡03‐3374‐3321

日立「世界ふしぎ発見!」で杉原千畝が放映されます

TBSの人気番組「世界ふしぎ発見!」で杉原千畝の特集が放映されます。第二次世界大戦中、リトアニア・カウナスの日本領事館領事代理の杉原千畝は、ナチス・ドイツの迫害から助けを求めたユダヤ人たちに、外務省の訓令に反して日本の通過ビザを発給します。それは、外交官としての彼の地位を危うくするばかりか、家族にも危険が及ぶ行為でした。ミステリーハンター・坂本三佳さんが、日本、リトアニア、ポーランド、アメリカの4ヵ国を巡り、命のビザに隠された真実に迫ります。

番組名   世界ふしぎ発見
      -6000人の「命のビザ」杉原千畝 もうひとつの真実-
放送予定日 2015年7月4(土)21:00〜 22:00
解答者   黒柳徹子、野々村真、ダイアモンド✡ユカイ、野口健、
      千原ジュニア、鈴木ちなみ

「世界ふしぎ発見!」は、コチラ≫≫ http://www.tbs.co.jp/f-hakken/

映画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」製作報告会見

 5月19日午後1時から東京都港区にあるザ・リッツ・カールトンで、終戦70年特別企画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」の映画製作報告会見が行われました。この映画は、第二次世界大戦中のリトアニア・カウナス日本領事館に赴任していた杉原千畝領事代理が、ナチス・ドイツなどに迫害されていたユダヤ人に国の命令に反して、日本への通過ビザを発給し、多くのユダヤ難民を助けた史実に基づいて製作されました。

 今回のストーリーは、杉原がロシア語やフランス語を使い、赴任した各国で類まれな情報収集能力を発揮し、貴重な情報を集めて日本に送り続けた「インテリジェンス・オフィサー(諜報外交官)」としての姿を追い、そして彼が、ヨーロッパでの混乱の中、危険な情報戦に身を投じていた時、独断でユダヤ難民にビザを出し続けた信念と覚悟、そして彼を支えた家族愛や友情を描いています。

 杉原千畝を演じる唐沢寿明さんは、会見の席上「この役を通して、杉原千畝さんの名前や功績をより多くの方々に知っていただきたいと思い、2ヶ月間ポーランドで撮影しました。完成を楽しみにしていただきたいと思います」と話しました。また、妻の幸子を演じた小雪さんは、「いつも仕事や人生と対峙(たいじ)していた千畝が、ホッとできる存在でなければと思って演じました」と撮影時の心境を語りました。

その他にも石橋凌、小日向文世、浜田岳、塚本高史、滝藤賢一などが脇を固め、ポーランドからは、モントリオール世界映画祭で主演男優賞を獲得したボリス・スジック、そしてポーランドの至宝と呼ばれる女優のアグニェシュカ・グロホウスカらが出演しています。監督は、「ブラックレーン」、「トランスフォーマー」などで助監督を担当し、また「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」では、USユニットの監督を務めたチェリン・グラック。 12月5日(土)から公開されます。

≫≫映画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」は、コチラ≫≫ https://www.toho.co.jp/movie/lineup/sugihara.html

映画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」製作報告会見
映画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」製作報告会見
映画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」製作報告会見 映画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」製作報告会見
(左)杉原千畝役の唐沢寿明   (右)幸子役の小雪
映画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」製作報告会見 映画「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」製作報告会見
(左)ぺシュ役のボリス・スジック   (右)イリーナ役のアグニェシュカ・グロホウスカ




Invisible Threads  Life Saving Sugihara Visas and the Journey to Vancouver
― 見えざる糸  命の杉原ビザとバンクーバーまでの旅路 ―

「見えざる糸 命の杉原ビザとバンクーバーまでの旅路」ポスター
提供:バンクーバー海洋博物館。

2015年4月10日からカナダのバンクーバーにあるバンクーバー海洋博物館で、「見えざる糸 命の杉原ビザとバンクーバーまでの旅路」が開催されています。この開催は、バンクーバー市と横浜市との姉妹都市提携50周年を記念した行事の一つとして行われています。

横浜市とバンクーバー市は、1887(明治20)年に横浜・バンクーバー間の太平洋航路が就航し、多くの日系移民が横浜港からバンクーバーに向かいました。また、貿易上の関係も深く、歴史的な結びつきを背景に、1965(昭和40)年に姉妹都市提携。1981(昭和56)年には、姉妹港提携しました。

 展示会は、杉原千畝によって救われたユダヤ難民が横浜港から船でバンクーバーへ逃れました。この史実をベースに両港のつながりを杉原千畝の人道的行為を通して多くの人に知ってもらおうと企画されました。NPOでは、この企画展に、写真などを提供し、協力をしています。開催は、7月1日まで。

≫≫バンクーバー海洋博物館へは、コチラ≫≫ http://www.vancouvermaritimemuseum.com/

 

「見えざる糸 命の杉原ビザとバンクーバーまでの旅路」のオープニング・レセプション 「見えざる糸 命の杉原ビザとバンクーバーまでの旅路」のオープニング・レセプション
4月9日、バンクーバー海洋博物館にて。
写真①:杉原ビザ受給者のデボラ・ロス-グレイマンさん(左)とノーミ・カプランさん。ロス-グレイマンさんは、お母さんが杉原ビザ受給者
写真②:展示会のオープニング・レセプションに出席したバンクーバーに住む杉原ビザ受給者と家族たち


BS-TBSで杉原千畝が再放映されます

昨年の12月19日に放映された杉原千畝を紹介する「THE歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜」が再放映されます。番組では、第二次世界大戦中、押し寄せるユダヤ難民たちに日本通過ビザを発給し、約6千人もの命を救った外交官・杉原千畝。インテリジェンスオフィサーとして活躍した杉原千畝の苦悩の人生に迫ります。

番組名   THE歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜
      「“命のビザ”外交官・杉原千畝」
放送予定日 2015年2月22日(日)11:00〜12:00
出演者   案内人は、六平直政(むさか・なおまさ)さん
ゲスト   外交ジャーナリスト 手嶋龍一氏

「HE歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜」のHPはこちら≫≫
http://www.bs-tbs.co.jp/retsuden/
「過去の放送一覧」からご覧ください

 

SF歴史探検まんが「レキタン!」

レキタン!第2巻
レキタン!単行本

カケルとモグウとソラ子
カケルとモグウとソラ子
©てしろぎたかし・小学館

SF歴史探検まんが「レキタン!」
杉原千畝編が読売KODOMO新聞で1月29日号からスタート

歴史大好き小学6年生の時野カケルと、23世紀からやってきたモグウが、ペン型タイムマシン「タイムペンシル」を使って、歴史の中で冒険します。二人は、第二次世界大戦が始まったリトアニアにタイムジャンプ。日本国領事館領事代理の杉原千畝と出会い、千畝の苦悩や苦渋の決断を目の当たりにします。激動の情勢の中でカケルとモグウのとった行動は!? 隔週連載、全5話ストーリーです。なお、「レキタン!」は、偶数号にて隔週で連載中です。

●前回のまんがをYomiuri Onlineで試し読みすることができます。
http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/comic/rekitan/

●学習まんがシリーズ「レキタン!」1〜5巻 発売中
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784092966079

 

新年のごあいさつ

新年明けまして、おめでとうございます。
今年は、戦後70年の節目の年と言われています。それに関連して、祖父杉原千畝に関係する本の出版、企画展、テレビドラマの制作、そして映画の公開など多くの催しが行われる予定です。当NPOもこれらのことに積極的に協力をし、多くの人たちに杉原千畝の人道的行為を伝え、広めていきたいと思います。
皆様には、引き続き当NPOに対して、ご支援、ご協力をお願い致しますと共に、今年一年が皆様にとりまして良い年でありますように、お祈り申し上げます。

2015年1月1日

NPO杉原千畝命のビザ
理事長 杉原千弘

 

過去の活動報告

 2016年の活動報告はこちら>>

 2015年の活動報告はこちら>>

 2014年の活動報告はこちら>>

 2013年の活動報告はこちら>>

 2012年の活動報告はこちら>>


 最新の活動報告へ≫≫

NPO法人杉原千畝命のビザ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-22-21 1F

Copyright©2011 NPO Chiune Sugihara. Visas For Life All Rights Reserved.

このHPに掲載されている 文書や画像を無断で使用することを禁じます。