特定非営利活動法人 杉原千畝命のビザ

杉原千畝とは?

杉原千畝
杉原千畝

杉原千畝SUGIHARA "Sempo" Chiune

すぎはら ちうね、SUGIHARA "Sempo" Chiune
1900年(明治33)1月1日-1986年(昭和61)7月31日 外交官。

第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアのカウナスで、ナチス・ドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人たちにビザを発給し、約6,000人のユダヤ人難民を救ったといわれる。杉原の発給したビザは「命のビザ」とよばれ、このビザで救われた人たちはその子孫も合わせて、現在数十万人以上にも及び、世界各国で活躍している。
海外では、センポ・スギハラ、「東洋のシンドラー」とも呼ばれる。「センポ」と音読みで呼ばれた理由は主に「ちうね」という発音が難しく、千畝自身がユダヤ人に「センポ」と呼ばせたとされている。

 






ビザ発給後の杉原千畝 


1947年、杉原は家族を連れて日本に引きあげてくるが、帰国した彼を待っていたのは、独断でビザを発給したことの責任による外務省からの解職であった。その後の杉原は、商社等の現地駐在員として日々を送り、ビザのことは自ら語ることはなかった。しかし、1968年8月、突然に杉原へ一人のユダヤ人から連絡があった。杉原と会ったイスラエル大使館のニシュリ参事官は、ボロボロになった当時のビザを手にし、涙をこぼして杉原に感謝の言葉をのべた。「ミスター・スギハラ、私たちはあなたのことを忘れたことはありません。」世界中のユダヤ人たちは、杉原のことを探し続けていたのであった。翌年、彼らを救った功績から、ビザの受給者でもあるバルハフティク・イスラエル宗教大臣より勲章が授与された。さらに、1974年に「イスラエル建国の恩人」として表彰。1985年には、イスラエル政府から「諸国民の中の正義の人賞(ヤド・バシェム賞)」を受賞した。
 

生い立ち

1900年
(明治33)
岐阜県加茂郡八百津町北山に生まれる
1918年
(大正7)
早稲田大学高等師範部(現在の教育学部)英語科予科に入学
1919年
(大正8)
外務省留学生採用試験に合格
外務省ロシア語留学生としてハルピンに留学
1924年
(大正13)
外務省書記生として採用
在ハルピン総領事館の勤務を命ぜられる
1932年
(昭和7)
満州国外交部特派員公署事務官に任命
1935年
(昭和10)
北満州鉄道の譲渡交渉で活躍する
1936年
(昭和11)
菊池幸子と結婚
1937年
(昭和12)
フィンランドのヘルシンキ公使館に赴任
1939年
(昭和14)
リトアニア・カウナス日本領事館領事代理に任命
1940年
(昭和15)
ユダヤ人難民が領事館に集まる
ユダヤ人難民に大量のビザ発給を始める
領事館閉鎖後ホテルへ移動する
カウナス駅からベルリンに向かう
総領事代理としてプラハに赴任
1941年
(昭和16)
東プロイセン・ケーニヒスベルク日本総領事館に赴任
ルーマニア・ブカレスト日本公使館に赴任
1945年
(昭和20)
ブカレストの捕虜収容所に入る
1947年
(昭和22)
ウラジオストクから興安丸で博多港に上陸
外務省を退職
1947年
(昭和22)
(株)世界平和建設団事務局に就職、以後9回職場を変わる
1968年
(昭和43)
ユダヤ人難民だったニシュリと再会
1969年
(昭和44)
イスラエルで政府宗教大臣より勲章を授与
1977年
(昭和52)
国際交易(株)を退社、モスクワより帰国
1985年
(昭和60)
イスラエル政府から「諸国民の中の正義の人賞(ヤド・バシェ
ム賞)」を受賞
1986年
(昭和61)
鎌倉にて永眠(享年86歳)
 

NPO法人杉原千畝命のビザ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-22-21 1F

Copyright©2011 NPO Chiune Sugihara. Visas For Life All Rights Reserved.

このHPに掲載されている 文書や画像を無断で使用することを禁じます。